診療科目/ Professional care

当院の滅菌について

患者さんの口に入るものだからこそ、
洗浄・滅菌には細部にまでこだわります。

小さなお子様からご高齢の方まで、
誰もが安心して治療を受けていただける環境を整えること。
クリニックにとって、これは不可欠なことです。
特に、唾液や血液などが飛散しやすく歯科治療の現場では、
万全な院内感染対策が必要になります。 当院では、コップやエプロンなどのディスポーサブル(使い捨て)や、
洗浄器・滅菌器による治療機材の徹底した滅菌処理など細心の注意を払うことで、
患者さんへより衛生的で安全な治療を提供しております。

消毒・殺菌・滅菌の違いは?

消毒

病原微生物をある程度除去すること。

殺菌

病原微生物を除去すること。消毒よりは強いですが、まだ不十分です。

滅菌

物質中の全ての微生物を除去すること。
完全な処理です。

機材紹介

ウルトラソニッククリーナー(超音波洗浄機)

通常の洗浄では落としきることができない細かな汚れまで落とすことができます。
治療器具を消毒液の中に入れてこの機械にかけることで、洗浄・消毒効果を高めることができます。

PetitClave8

高圧高温の蒸気により機材を素早く滅菌する
オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)です。
素早く滅菌処理を行うことができる為、緊急の外科手術の場合でもすぐに対応することができます。

SUPER CLAVE

真空ポンプによるプレバキューム工程と加圧脱気方式の組み合わせたオートクレーブです。
真空状態にすることで、複雑な形状の被滅菌物内にまで確実に蒸気と浸透させることができます。

滅菌パック

滅菌処理した治療器具は滅菌パックで保管し、
使用する直前に取り出すようにしています。
使用直前まで可能な限りクリーンな状態に保つことで、感染リスクを最低限にまで抑えた衛生的な歯科治療を行うことができます。

デンティスター

治療時に歯を削るタービン・ハンドピースの滅菌を行う機械です。当院では、患者さんごとにタービン・ハンドピースをこの機械にかけています。 高温のオイルで機材の内部に入り込んだ血液や細菌の滅菌・洗浄を行います。